飲み心地が柔らかくお茶の味を引き出す水”白川水源の水”

熊本県内には多くの天然水があることで知られており、熊本市内の水道水の全てが湧水で賄われているほどです。

熊本県内の天然水でも特に有名なものが南阿蘇村にある白川水源の水です。熊本県阿蘇郡南阿蘇村の白川水源の水は硬度が85で適度な甘さと柔らかさを感じさせる湧水で、環境省選定「名水百選」にも選ばれているほどの名水です。

飲み心地の柔らかい白川水源の水はお茶の味を最大限に引き出すとされ、平日でも九州各県から大勢の人々が集まって水を汲んでいきます。さらに地酒「白川水源」の原水として使用されていますし、ボトル詰めのミネラルウォーターや、美容効果があると言われる水素水の原水としても使用されています。

白川水源の湧水は湧水量(毎分)60tで水温は年間を通じてほぼ一定(14度)です。白川水源の湧水は阿蘇山頂のカルデラ(火山の噴火口)の内部に溜まった雨水が地面に吸収され、長い年月をかけて地中で濾されながら運ばれた後に南阿蘇村で再び地面に出たものです。白川村では古くから水に対する信仰があり、水源地横の白川吉見神社に「みつはのめ神」という水神が祀られています。ここの湧水は不老長寿・諸病退散の御清水として昔から尊ばれています。湧水池は水神が祀られている白川吉見神社の境内にあり、水底の砂を巻き上げながら湧き出る様子を直接見ることができます。川の源流である水源池を直接見ることができる泉は全国的にも珍しく、観光スポットとしても非常に人気が高い場所です。

毎秒約1tもの湧水は一般的な25mプールをたった6分で満水にしてしまうほどの水量で、湧き出た水は湧水地から出るとすぐに膝までつかるぐらいの深さで幅5mほどの川となります。そしてここから湧き出た水のほとんどが熊本市内を流れる一級河川である白川に注いでいます。

白川水源への交通アクセスですが、熊本市内から鉄道を利用する場合にはJR豊肥本線で立野駅まで行き、南阿蘇鉄道高森線に乗り換えて最寄駅である「南阿蘇水の生まれる里白水高原駅」で下車します。ちなみにこの駅名は日本で一番長い駅名として知られています。白川吉見神社駅から北東方向に徒歩で15分の場所に白川吉見神社があります。環境保全協力金として大人1人(高校生以上)100円を支払えば誰でも湧水池を見学することができます。自動車を利用する場合には熊本市内から約1時間の距離にあり、国道57号線から阿蘇大橋で国道325号線に入って西に進みます。